2018.12.2 ~おおたはらっこ波の会~

今回は私たちの活動のアドバイザーである永峰さんが代表をされている大田原症候群の家族会、おおたはらっこ波の会に呼んで頂きました!

・本格的なスタジオセットを組んで冬バージョンの背景での家族写真撮影

・手形アートを活用してのフォトフレーム作り

・たくさんのおもちゃを使ってのあそびの広場

と私たちの活動のできること、全てを持って行かせて頂きました!!


参加は15組のご家族。

まだ小さいお友達から小学生のお友達。そして元気いっぱいのきょうだいさんたち。

13時から16時まで盛りだくさんで笑い声が溢れる素敵な会でした!!


写真撮影ではそれぞれのこどもたちのタイミングやいい表情を待ち、こどもたちのペースを大切に撮影を行っています。

しっかりとお目目ぱっちりに撮れたり、にっこり笑って撮れたり、カメラ目線で撮れたり……

ご家族からは"これは貴重だっ!"と喜びの声がたくさん聞かれていました。

フォトフレームまで作成してあそびの広場のお部屋にもどってくるとご家族同士で見せあったり、お子さんとじっくりお話したりしている姿がたくさん見られ、とても印象的でした。

あそびの広場では、たくさんの木のおもちゃや大きなボールプール、風船クッションやゆらんこなど、様々な遊びを紹介させて頂きました。

様々なおもちゃを見て、お子さんと一緒にじっくりと遊ぶご家族の姿。こどもたちよりも楽しそうにあそんてくれるご家族の姿。どのおもちゃがいいかなと一生懸命考えているご家族の姿。どの表情もとても温かく、楽しいと幸せがたくさん込められているように思いました。

そしてこどもたちも様々な音、振動、揺れ、感覚、感触……たくさんの刺激の中で笑顔になったり、考えているような難しい顔になったり、じっくり味わうようにゆっくりと表情を変えたり……様々な心の変化を見せてくれていました。

そして元気いっぱいのきょうだいさんたちは思いっきりやりたいことをやって楽しむ姿を見せてくれ、きっとたくさん心を開放していたのかなと思います。

たくさんのこどもたち、ご家族と素敵な時間を共有させて頂き、私たちがたくさんたくさん幸せと元気を頂きました!

このたくさんのパワーがこの活動の価値を大きくしてくれ、そして原動力になっています。

たくさん遊んでくれたご家族の皆様、活動を繋いでくださる永峰さん、そして共に活動してくれる仲間たちに心から感謝です。

ありがとうございました!!


デリバリーPLAY&PHOTO、あそび、写真撮影、ワークショプ、講演、イベント協力など、気軽にご相談ください

tunagari.project.910@gmail.com

笑顔の向こうに繋がる未来プロジェクト活動記録

0コメント

  • 1000 / 1000