2017.8.11 みはなちゃんご家族より

沢山のおもちゃと一緒に遠いい所まで足を運んで下さり本当にありがとうございました。

当日は、なかなか揃わない家族全員が偶然揃った日で、みんなで遊びに参加させて頂きました!遊びの時間は家族全員終始笑顔が絶えず、暖かい時間を過ごさせてもらえました。

最近のみはなは、体調のせいか表情が優れなかったのですが、遊びの時間は何かを感じとり、家族全員の時間を楽しんでいるように見えました。家族全員の時間を作って下さったことに本当に感謝です。

お父さんより

家族全員で過ごせる時間がなかなか取れない中、みんなで遊べる機会を頂き、ありがとうございます。本当に楽しい時間を過ごさせて頂きました!

たいがくんより(長男)

妹と楽しく遊べてよかったのと、特に風船が楽しかったです!

次もまた来てほしいです!

はやとくんより(次男)

遊び全てが楽しかったです!

是非また来てください!

お母さんより

みはなは、球麻痺・脳性麻痺を持って産まれてきました。でも身体の機能的な発達は良く、様々なおもちゃで一人遊びできたし、1歳3ヶ月の頃にはつかまり立ちをするまでに成長してくれました。ですが1歳4ヶ月の時に突然起こしたニ相性脳症で、目が見えている、大きい音なら聞こえる機能以外、全ての動きを失ってしまいた。私は動きを失ったショックから、今まで使用していたおもちゃを全てしまい込みました。

理由は、みはなが1人で遊べなくなったおもちゃを見ているのが辛かったのと、美花が自分の手を出して遊ぶことができないおもちゃを、出しておく意味がない…と思ってしまったからです。その後もこの気持ちは消えず、音の出るおもちゃ等をもらったりもしましたが、私が遊んであげることはなく、遊びはPTさんや、デイに行った時に、私以外の方に任せていました。

そんな中、偶然出会った国分さんから「みはなちゃんのお宅に遊びに行かせてもらえませんか?」とお誘い頂き、遊んでもらい、写真も撮ってくれるなら…来てもらおうかな…と、私はまだ遊びに積極的ではなかったのですが、みはなの為かな…と思い来て頂くことにしました。

遊びの日程が決まり見てみると、なんと偶然家族全員がいる日!

こんな機会はないと思い、家族全員の遊びを希望し、お願いしました。

当日…

動きがなく、最近は目も開けないみはなと、どう遊んでくれるのだろう…と思っていたら…お二人は、みはなと遊ぶ前に、兄達と遊びはじめてくれました。そうすると兄達は珍しいおもちゃに釘付け! おいおい…と思っていたら、遊んでいたおもちゃをみはなの所に持って行き、自然と兄妹3人の遊びが始まり、その空気に私達親も自然と巻き込まれ、気付いたら家族全員での遊びがはじまっていました! なかでも風船クッションはみんなで膨らまして作った共同作業品! 出来上がった時にはみんな感動で、みはなもクッションに乗って満足気味♡ 風船ならでわの感覚を楽しみ、遊び自体を楽しんでいました。

一通り提案してもらった遊びが終わり、最後は家族全員の写真を撮って頂き、遊び&撮影の終了でした。

終了後は家族の雰囲気がとても暖かくなっていて、普段バラバラだった家族が久しぶりに一つにまとまった感じがとてもしました。

また、みはなが手を出して遊べない遊びにもう意味はない…と思っていた私に、遊び本来の目的や、遊びの感覚を、取り戻すきっかけを作って頂いた時間でもありました。

この気持ちは今回の遊びがなければ、忘れたままの気持ちだったと思います。

お二人から頂いた遊びの時間から、とても大切なものを思い出させて頂き、貴重な体験をさせてもらう事ができました。今後は遊びを生活の一部にして行けたら…と思っております!

デリバリーPlay&Photo とても素敵なプロジェクトです!


デリバリーPLAY&PHOTO、あそび、写真撮影、ワークショプ、講演、イベント協力など、気軽にご相談ください

tunagari.project.910@gmail.com

笑顔の向こうに繋がる未来プロジェクト活動記録

0コメント

  • 1000 / 1000