2017.7.15

今日はもうすぐ10ヶ月になる男の子の元へのあそびの訪問でした。

生まれてからずっと、約8ヶ月間入院し、NICUで過ごしていた子です。

今はお家で、訪問看護、リハビリなどのサポートを受けながら生活をしています。


今日のあそびのレシピは

レインスティック

トロフルックス

オイルタイマー

リングドール

ゆらんこ

琉球木琴

ぷよぷよボール

プラ板手形キーホルダー作り

ママパパと手作りおもちゃ作り

などなど…でした!


入院中、特にNICUでは、様々な制限があり、あそびや家族の時間が限られていました。

今日は、今まで経験したことがない次々出てくるおもちゃに釘付けでした。

普段は、理学療法士として、病院で0歳の子どもたちのリハビリも担当しています。

その経験を活かしつつ、手や足や視線が動きやすいようにサポートを入れていきました。

そこに、あそびの力が加わり、病院やリハビリの場面ではなかなか見ることができない、その子らしさをたくさん表現してくれました。

優しい音のするレインスティックは中の玉が落ちていくのをしっかりと目で追い、手を出してみたり、トロフルックスは両手でにぎにぎ。

琉球木琴も自分でバチを持ってトントンと叩いてみるとニヤリ!大事そうにバチを握り思い切り振りかぶってトントン!”ぼくできるよー!”とばかりの自信ありげな表情でたくさん演奏していました。

ゆらんこでは少しずつ高さをあげてゆらゆら。抱っこ以外で少し床から離れてゆらゆらする感覚を初体験!パパがよく見える位置でゆらゆらしてくれたのでキャキャっと声を出して喜んでいました。

ぷよぷよボールは足で直接触ってみると膝の屈伸を上手に使ってキックキック!ちょっとぬるぬるとするような感触も楽しめました。

プラ板の手形も家族みんなで取ったので後日仕上げをしてお届けしたいと思います。

まだまだ小さいお友だちなのに盛りだくさんの内容になってしまいましたが、一生懸命見たり聞いたり触ったり…そして楽しむいろんな表情を見せてくれ幸せなひと時でした!

たくさんたくさん遊んでくれてありがとうございました!

やっぱり安心安全なお家で大好きな家族と遊べるっていいなと純粋に思いました。

おっ!うちのコこんなものも好きなんだな!こんなことできるんだな!と思える瞬間をご家族にプレゼントでき、こどもたちには最高に楽しんでもらえることは私たちの幸せです。

あそびの力とリハビリ専門職の知識が活かせることを感じた訪問でもありました。

今この瞬間を一緒に生きることができるチャンスをもらえることを大事にしながらこれからも活動をしていきたいと思います!


デリバリーPLAY&PHOTO、あそび、写真撮影、ワークショプ、講演、イベント協力など、気軽にご相談ください

tunagari.project.910@gmail.com

笑顔の向こうに繋がる未来プロジェクト活動記録

0コメント

  • 1000 / 1000