2017.7.23 りゅうがくん

目の見えないりゅうがくん。一緒にあそびたいるなちゃん。

人間は8割以上視覚から情報をとっていると言われている中で視覚障害のある子たちにどんなあそびがいいかな?ということは私たちにとっても少し今までとは違う視点だったりアプローチの仕方の工夫を考えさせてくれました。


あそびのレシピ

・楽器あそび

スリットドラム

アウリストロムメール

琉球木琴

・ベビーキューブ

・じゃんけんサイコロ

・ミニ扇風機

・手形キーホルダーづくり

・風船クッション

などなどでした。


視覚からの刺激がむずかしいことは、どんなものがそこにあるのかをまず認識するのが難しいということ。楽器あそびではできるだけ優しい音のするものをチョイスして持って行きました。りゅうがくんは音を聞いてとっても可愛い声で「コンコン!!」

ママと一緒にバチを持って音を出したり、るなちゃんが器用に両手にバチを持って色んな音で演奏するのをよくよく聞いていました。

ベビーキューブは違う音のする6種類の四角い積み木。るなちゃんとは神経衰弱のように音当てゲームをしてみたり、るなちゃんが高く積み上げたものをりゅうがくんが倒すというようなあそびを一緒に楽しみました。

前にも紹介したじゃんけんサイコロ。ママとるなちゃんとりゅうがくんの3人でチャレンジ。「じゃーんけんぽい!」のぽいのタイミングぴったりにサイコロを転がすりゅうがくん!なぜかグーしか出ないママ。後出しになっても負けてしまうるなちゃん…みんなが対等に楽しむ姿が素敵だなーと思いました。

私たちが帰ったあと早速、おうちにあった積み木にグーチョキパーのシールを貼ってじゃんけんサイコロを作って遊んでいると聞いて嬉しかったです!

風が好きというりゅうがくんのために持っていった飛行機のミニ扇風機。太さがちょうどよかったのかよく握っていました。微風すぎて風で楽しめたかは不明ですが…笑笑

手形も家族みんなで何色にするかを納得いくまで話あっていたりお互いに手伝ったりしていました。きっと愛がいっぱいで素敵な作品になりますね。完成したらお届けしたいと思います。

そして最後は風船クッション。ママとるなちゃんがお手伝いしてくれてたくさんの風船を膨らませてくれました。

上に乗ってみると不安そうなりゅうがくん。少しずつ動かしたり、ポンポンと風船を叩いてみるとゆっくりゆっくり慣れていくように表情が柔らかくなりました。るなちゃんはさすがパワフル!おもいっきりバーンと飛び込んでみたり立ってみたり…!!

今回初めてママの提案で風船クッションの下にこどもたちが入って大人がふわふわと動かしたりあそんでみると風がくるのが楽しかったようでりゅうがくんもるなちゃんも声を出して大騒ぎになりました!!

今回もかなり盛りだくさんのあそびの時間でしたが、ママやるなちゃんも一緒に思い切りあそんでくれたことも大きなきっかけになりりゅうがくんとたくさんあそぶことができました!!

目が見えない、耳が聞こえない、体が動かせないことがイコールあそべないということではなく、どんなものを用意し、どんな声をかけ、どんな工夫をしたら、どんなアプローチをしたら、その子がその子らしく楽しくあそぶことができるのか、心を豊かにできるのか、心を大きく広げることができるのか。

そんなことを深く考えることができる時間でした。

毎回のあそびの時間でこどもたちや家族からもらうものが多すぎて感謝でいっぱいになります。

りゅうがくん、るなちゃん、ママ。たくさんあそんでくれてありがとうございました!


デリバリーPLAY&PHOTO、あそび、写真撮影、ワークショプ、講演、イベント協力など、気軽にご相談ください

tunagari.project.910@gmail.com

笑顔の向こうに繋がる未来プロジェクト活動記録

0コメント

  • 1000 / 1000