2017.8.11 みはなちゃん

体調の関係で1日の中でも起きていられる時間が短いみはなちゃん。そんなみはなちゃんのためにいつも起きていることが多いと言われる午前中からお家にお邪魔しました!

モニター上の数値的には起きているような…でもなかなか目を開けないみはなちゃん……

初めまして!の人が2人もいてちょっと恥ずかしかったかなー。。。

それでも元気なお兄ちゃんたいがくんとはやとくんもお父さんもお母さんも一緒にワイワイ!盛り上がりながら楽しい時間をすごせたかなー?と思います。


あそびのレシピ

☆音あそび

・琉球木琴

・アウリストロムメール

・ベビーキューブ

☆金属のシャボン玉トロフルックス

☆手形キーホルダーづくり

☆風船クッション

などなどでした!


起きているだろう!とのことで音遊びからスタート。お父さんやお母さんに抱っこしてもらいながら色んな音を聞いてみました。

木のおもちゃたちの柔らかい音色を聞いたり、触れて振動を感じてみたり……目はなかなか開かないもののよーく聞いている様子でした。振動を感じて手をきゅっと動かしたり少し目を開けてチラッと見てみたり……みはなちゃんなりの楽しみ方で楽しんでくれていたと思います。

トロフルックスはお兄ちゃん達がお気に入り!!2人でクルクル回したり、みはなちゃんに見せてあげたりしながら"おぉーーー!"と大盛り上がり!

手形をとる時は家族みんなで色を話し合ったり、お互いに絵の具を塗ってあげたり、今までで1番と言っていいほどみんなの笑い声が響く素敵な時間でした。

今回風船クッションはお兄ちゃんとご両親が手伝ってくださり作成してくれました!

できた風船クッションでみはなちゃんにふわふわ~と風を送るとパチっと目を開けびっくりした様子!ゆっくり目で見て、少しずつ手で触れてみてから風船クッションに乗ってみると風船のデコボコにしっかりフィット!

ゆらゆら~っと揺れてからぴたっと止まると"あれー?"という風にキョロキョロ。また揺れるとしっかりと目を開けていました。

終始たくさんの笑顔とたくさんの笑い声が響き渡る素敵なご家族の姿がありたくさんの幸せを頂いてきました。

"家族と共に家で過ごすこと。"

そんな当たり前だと思われる日常がやっぱり特別であることを強く感じる時間でした。

その大事な時をPLAY&PHOTOの時間で少しでも良い時間にできたらいいなと思うし、その瞬間を写真に残すことはきっと家族にとって大きな意味をもつことになるんだと感じました。

そんなことを教えてくれたみはなちゃん一家に出会わせてもらえたことに感謝です。

帰る前にはしっかりと目を合わせてくれて、あそびの中でたくさんのことを感じ取ってたよーと教えてくれてるようでした。

みはなちゃん、たいがくん、はやとくん、お父さん、お母さんたくさんあそんでくれてありがとうございました!

たくさんの医療的ケアがあって地域に帰ってくるこどもたちがこれからもっともっと増えていく。自分たちの想いを語るだけでなくカタチにして、できることを一つ一つ積み上げていきたいなと思います。


デリバリーPLAY&PHOTO、あそび、写真撮影、ワークショプ、講演、イベント協力など、気軽にご相談ください

tunagari.project.910@gmail.com

笑顔の向こうに繋がる未来プロジェクト活動記録

0コメント

  • 1000 / 1000