2017.12.2 ゆうせいくん

今日はプロジェクトとして初の遠征!

縁を繋いで頂き、首都圏を飛び出してデリバリーPLAY&PHOTOの活動で山梨県に行ってきました!!


初めましてのゆうくん。普段なかなか声を出さないとのことでしたが、こんにちはー!とご挨拶すると早速"うー!"とたくさんお話していました!ちょっぴり緊張気味だったのか体も力が入りやすく、ドキドキしている様子でした。

そんな中でパパもママもとっても暖かく楽しんでくださったのでゆうくんの緊張も次第に抜けてリラックスして楽しんでいるようでした。


遊びのレシピ

・琉球木琴

・アウリストロムメール

・アウリスペンタトニック

・ラウンドベル

・ドレミファキャット

・ベビーキューブ

・レインスティック

・オーシャンドラム

・どんぐりころころ

・森のメロディーカー

・おなべブランコ

・デコボコえほん

・手形キーホルダーづくり

・風船クッション

・布遊び

などなど盛りだくさんで遊んできました!


今回は全身での感覚あそびと音の鳴る楽器系のおもちゃを中心に用意していきました。

楽器系のおもちゃで様々な音の違いを感じてみたり、パパやママと一緒にバチを持って音を鳴らしてみたり…よーく音を聞いている様子で自分で手を動かしておもちゃの位置を探していました。

中でもオーシャンドラムの音はとってもとってもよーく聞いていて、気持ちよくなってしまい、ちょっぴりお昼寝タイムに…!眠くなるほどゆったり、まったりできるような音を感じれるのはとても良かったなと思います。

新しく仲間入りしたラウンドベルやドレミファキャットも大活躍!ラウンドベルは色や音、そして振動や風など様々な感覚刺激を入れることができ、ゆうくんも手がブルブルするほどの高速回転で音を鳴らして不思議そうな表情。ドレミファキャットはデジタルなおもちゃですが、感触やタッチの感覚がすごく柔らかく、少しの力で音が鳴らせることで楽しみが広がります。

デコボコえほんでは自分から手を伸ばして"どんな形かなー?"と触って考えているような表情を。

おなべブランコや風船クッションの揺れるや回る、上がる、下がるというような感覚をたくさん感じ、ゆうくんはなんだかとってもリラックスしたやわらかい表情に!動きが止まると"うー"ともっとやってーとばかりに声をだしてアピールしていました。

あそびのエピソードはたーくさんありますが、今回とても素敵だなーと思ったのパパやママが心から楽しんで遊んでいたことでした。こどもたちが緊張している場面で1番身近な存在の人たちが真剣に心から楽しんでいることが伝わることで緊張がほどけていくということは多くあります。"あっ!今日はたのしい日なんだな!"ということがゆうくんに伝わっているんだなーという風に感じる時間でした。


私たちの活動は目の前にいる子どもたちが楽しみを感じることは当たり前に大事にしていますが、主役は子どもたちだけでなくパパやママ、きょうだいさんはじめご家族にも"たのしい!"や"もっとあそびたいな!"という気持ちを感じてもらうことも大事にしたいと思っています。


私たちが行った時だけがたのしい瞬間ではなく、その楽しかった一瞬一瞬を写真に残していくことや、遊びのエッセンスを残してくることで"あっ!あのときこんな風にたのしめたな!""またちょっとやってみようかな!"と楽しさを継続することに繋げていきたいと思います。それがきっと【笑顔の向こうに繋がる未来】になるのだと信じて活動を続けていこうと心から感じる1日でした。

今回はじめ首都圏を飛び出しましたが、これからも様々な地をこの活動で訪れていけるようにがんばっていきたいな!と思います!


ゆうくん、パパ、ママたくさんたくさん遊んでくれてありがとうございました!



デリバリーPLAY&PHOTO、あそび、写真撮影、ワークショプ、講演、イベント協力など、気軽にご相談ください

tunagari.project.910@gmail.com

笑顔の向こうに繋がる未来プロジェクト活動記録

0コメント

  • 1000 / 1000