yasuta

記事一覧(85)

同じ志を持つ仲間と共に

今後、さらなる進化を目指して、新たな力を得て、強く進んでいこうと思います昨年から、たくさん一緒に力を貸してくれている3人の仲間がサポートメンバーとして加わりますそれぞれコメントをいただいているので紹介します野川智絵(病棟保育士・HPS)どの子にもきっと好きな「あそび」があって、そんな「あそび」に出会う。あそびの中でのふとした瞬間や特別な日の大切な表情が「写真」というカタチになる。このプロジェクトは未来に繋がる何かを感じる、見つける、気付く。そんなきっかけになる活動だと思っています。大西海斗(理学療法士) 「この子がいたから出来なかった」ではなく、「この子がいたから、こんな経験ができた。」そう思ってもらいたいなと思っています。そして、この”笑顔の向こうに繋がる未来プロジェクト”はその機会の1つになると信じてしています。福村裕子(florist jardan de illony 認定ディプロマ、プリザーブドフラワー認定講師)お花を通して笑顔が繋がる瞬間。遊びを通して笑顔が出る瞬間。沢山の幸せな大切な時間をこの活動を通して一緒に過ごさせていただける事が本当に幸せです。僕たちが一緒に活動する仲間は誰でもいいわけではありません志を同じくする仲間であり、120%の想いと力を込めて共に進んでいきます自信を持って一緒に動くことができる精鋭ですそのほかにも、信頼できる、一緒にやりたい、と思う方や団体と様々な活動のお話しを進めているところですたくさんの変化が起きる2019年歩みを止めずに進んでいこうと思います笑顔の向こうに繋がる未来プロジェクトメンバー共同代表 : 安田一貴、安田伸枝アドバイザー : 永峰 玲子、楓音サポートメンバー : 野川智絵、大西海斗、福村 裕子

2018/12/15-16 心魂クリスマスフェスティバル

本番、これまでのワークショップの練習、当日のリハーサルから入り写真を撮らせていただきました写真を通じて、たくさんの人に、この素晴らしい活動を知ってもらいたいですそれだけでなく、舞台に立っているワークショップのみんなにも自分たちが、こんなに輝いていて、人を感動させ、勇気を与えている、そのことを感じてほしいなと思いますそして今だけでなく、5年後、10年後、その先にも、みんなが、この写真をふと見返して、蘇る思い出、心に響く想いを、つくることができたらいいなと思います。本番は、写真を撮りながら、本当に心を動かされる瞬間がたくさんありました。プロのパフォーマンスを見て感動するのはもちろんです。でも、それと同じく、子どもたち、ワークショップ、社会人パフォーマーの姿に感動しました。僕が感動するは、「かわいそうな障害者が、がんばっているから」「素人が、がんばっているから」ではありません。そのパフォーマンスには、一人一人が全力と命を賭けていて、想いが込められているからその先に生まれるパフォーマンスは圧倒的に空気感が違うそれを肌で感じるだから、僕の心が動きます人を感動させること人の本当の魅力に障がいも病気も関係ないそこにどれだけの想いを乗せられるかだと強く感じました。あの日、舞台に立ったすべてのパフォーマーとそれを支えているすべての人に心から尊敬と感謝でいっぱいです。あの舞台の写真を撮らせていただいたことを誇りに思います。僕も本気で、その一瞬にこころを込めてその一枚に想いをのせて最高の瞬間を撮り続けていきたいと思います

12/15,16 心魂クリスマスフェスティバル

笑顔の向こうに繋がる未来プロジェクトデリバリーPLAY&PHOTO 心魂クリスマスフェスティバル12/15.16横浜ラポールで開催された心魂プロジェクトのクリスマスフェスティバル。今回心魂プロジェクト5周年記念ということで特別企画として開演までの時間と休憩の時間を使ってデリバリーPLAY&PHOTOの活動を行わせて頂きました!!病気や障害の有無に関わらず、楽しめるステージを!楽しめるパフォーマンスを!という心魂にはいつもたくさんの車椅子ユーザーの方々や様々な状況を抱えた方々が集まってきます。この日を目標にこどもたちもご家族も必死に体調を整えてくる方々がたくさんいます。たくさんの思いが詰まった心魂のクリスマスフェスティバルに来れた記念に家族写真を撮影しますっ!という企画で客席内をグルグル回り様々なご家族のお写真を撮影させて頂きました。撮影した写真は公演中に印刷し、クリスマスプレゼントをイメージして、デコレーションしたカードに貼ってお帰りの際にお渡しさせて頂きましたっ!!限られた時間の中でしたので来てくださった全てのご家族の撮影は出来ませんでしたが、病気や障害のあるこどもたちとご家族優先で2日間でたくさんのご家族の笑顔を撮影することができました。帰りにお写真をお渡しすると"記念になりました!""こんなに綺麗に撮ってもらえて嬉しいです""写真撮ってもらいたくて早くきた甲斐がありました"等とても嬉しいご感想を頂きました。心魂プロジェクトは劇団四季や宝塚などの元俳優さんたちが病気や障害のあるこどもたちに本物のパフォーマンスをデリバリーしようとスタートした団体です。私たちの活動も皆さんの熱き思いに触れ、自分たちのできること、得意なことで様々な子どもたちのために活動しようとスタートしました。心魂は私たちの活動の原点にもなっています。そんな心魂の皆さんとコラボして活動できる素敵な機会を頂き心から感謝でいっぱいです。心魂プロジェクトの皆様、出逢ってくださったご家族の皆様本当にありがとうございましたーーー!!

笑顔の向こうに繋がる未来プロジェクト

2017年2月からスタートした笑顔の向こうに繋がる未来プロジェクトデリバリーPLAY&PHOTO私たち夫婦2人で活動を生み出し、たくさんの子どもたちやご家族と出会い、たくさんの方々の応援を頂き、今まで続けてくることができました。出会ってくださった全ての皆様に心から感謝の思いでいっぱいです。すでにご存知の方もいらっしゃいますが、大変嬉しいことに私たち夫婦は新たな命を授かることができました。来年春出産予定です。出産子育てのため当面の間、"あそびを届ける"というデリバリー活動は一旦セーブさせて頂くことになりました。しかしこの活動を全てストップするということではありません!私たちの出会っているこどもたち、ご家族には「今」がとても大事です。今を逃したら次はない。そういうこどもたちもたくさんいます。だからこそ、この歩みを止める訳にはいきません。そこで、すでにスタートはしていますが、今までのデリバリーPLAY&PHOTOという活動をさらに発展させ、"デリバリーPLAY&PHOTO studio"という形でこの活動を継続していきます。"デリバリーPLAY&PHOTO studio”病気や障がいを持つお子さんのスペシャルニーズに合わせた記念写真撮影を届ける活動です。日々出会う、病気や障がいを持つお子さんとご家族から、写真館へ行くことは難しいけれど、「素敵な家族写真を撮りたい」「誕生日や七五三など特別な日に記念撮影をしたい」という声をたくさん聞きました。その想いにこたえるために、始めた活動です。ご希望の場所で、ゆっくりと時間をかけて、こころを和ませながら、安心した空間を創り、写真撮影をおこないます。お子さんとご家族のスペシャルニーズに合わせて、その子らしさ、家族らしさが感じられる特別な瞬間を写真に残します。写真館のような本格的な撮影機材や、季節やイベントに合わせた背景セットを組むことも可能です。出張撮影(自宅や公園など)、家族会やイベントや施設での撮影会・フォトブースなど、気軽にご相談ください。 写真撮影をきっかけに、かわいいお洋服を選んだり、抱っこをしたり、一生懸命ポーズを決めたり、少し緊張したり、ワクワク、ドキドキしたり、そのすべての心の動きが大切な経験です。私たちは「はいチーズ」という写真だけを届けたいのではありません。活動を通じて得られる、体験、発見、こころが動く瞬間を写真というカタチに残します。時間を経て、その写真を見て蘇る思い出、会話、コミュニケーション、こころに残るストーリーを届けます。そのツールが「写真の力」です。私たちは、子どもたちの可能性、家族の絆、大切な思い出、たくさんの想いを伝える写真を目指しています。子どもたちと、ご家族の想いと向き合うことを大切に、写真の力を信じて、                     その一瞬にこころを込めて、その一枚に想いをのせて、大切な瞬間を撮り続けます。これからも、どんな時でも、この活動には、私たち夫婦二人の夢、想い、志が込められています。何があってもこの活動は「私たち二人が創りあげている活動」であることに変わりません。笑顔の向こうに繋がる未来プロジェクト空いた時間に趣味でやる活動ではありませんそこで出会う子どもたちはみんな今を真剣に生きています私たちもこのプロジェクトに人生を賭けて、真剣にカタチにしていきます